お顔で目立つシミ・ホクロは美容皮膚科で解消できる。
何もなかったか如く自然にシミとホクロを取り除く!!

今まで気にしていなかった、諦めていたシミ・ホクロは美容皮膚科で解消させることができます。美容皮膚科はお肌の専門家。年々濃くなってきたり、大きくなってくるシミ。数が増えてくるホクロで悩んでいませんか?
お肌のお悩みは私たち美容皮膚科の医師にお任せください。シミやホクロの除去に適切なレーザー、スキンケアテクニックで速やかにあなたの悩みを解消致します。

シミ・ホクロ〜ダークスポットを解消する!!〜

白い肌には不要。それは茶、黒、グレーなどのダークスポット
年齢に関係なく美しい素肌の条件の一つに上がるのが必ず「白い素肌」。その思いを崩してくるのがお顔のシミやホクロです。顔に不必要なダークスポットは常に気を使い、いつも気になってしてしまうポイント。メイクやコンシーラーで隠すのも良いけれど、もし除去することができるのなら速やかに取ってしまいたいというのが本音ではありませんか。
美容皮膚科はそんな「シミ」や「ホクロ」をレーザーで速やかに除去するお肌の専門家専です。メスを使いませんから傷跡の心配なども不要です。まずは美容皮膚科で行なっているシミ・ホクロの治療を知ってください。そうして治療への不安が解消できたら私たちに美容皮膚科の医師にご相談ください。

シミを取る方法

美容皮膚科はシミを隠すのではなく除去します。
シミはメイクで簡単に隠すことができます。
しかし、それをいつまで続けるのでしょうか?
私たち美容皮膚科はシミは隠すのではなく、積極的に取り除くことをお勧めします。なぜなら決して難しい訳ではありませんし、美白化粧品のようになんとなく良くなったと錯覚するのではなく、簡単で短期間で除去できるからなのです。
年々濃くなるシミ、大きくなるシミはお肌の専門家である「美容皮膚科」に頼って下さい。そうして任せて下さい。

シミの原因

シミの原因は「メラニン」です。これは誰もが知っていることでしょう。表皮の細胞「メラノサイト」から常にメラニン色素が作り出され角質に放出されることで、皮膚にシミの色素として現れていまします。シミを取り除く方法は皮膚に蓄積したメラニンを取り除くこと、そうして、メラノサイトからメラニンを作らせないことがポイントです。

どうしてメラノサイトからメラニンが作られるのか?
紫外線による光刺激や、外的刺激によって、皮膚がダメージを受けるとメラノサイトからメラニンが大量に放出されます。しかし、この反応は体の防御反応によるもので私たちにとっては必要なものなのです。シミとしてのメラニンは不要ですが、体にとってメラニンは大切なものであるということは知っておいて下さい。(→ 詳しくはこちら)

具体的な解消法

シミを取る具体的な方法をご紹介します。シミはタイプによって治療法が違います。また、シミは除去するだけでなく、作らせない予防的なスキンケアも大切であるということは知っておいて下さい。

Q-YAGレーザー

Q-YAGレーザーはシミ取りレーザーとして多くの美容皮膚科で扱われている代表的なレーザーです。メラニンなどの色素に反応する特性があるため、メラニンの蓄積していない正常な肌へのダメージが少なく、シミだけを効果的に除去することができます。

治療時間:レーザー照射は数秒
施術後:肌を保護するために肌色のテープを照射部分に貼ります。
注意点:シミの再発を防ぐためにしっかりとした紫外線対策が必要。一時的にシミが濃くなったり、赤みが出てしまうことがあるため、必要に応じてハイドロキノンなどのお薬を処方します。
レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルは、Q-YAGのレーザーとは違い少しマイルドにシミを分解して取り除くシミ取りレーザーです。ですので施術後のテーピングなど不要です。頬や鼻、目元に細かく散らばっているシミや肝斑などにも効果的です。

治療時間:レーザー照射は両頬で10分程度
施術後:特に何もせず無処置で終了します。
注意点:シミの再発を防ぐためにしっかりとした紫外線対策が必要。一時的にシミが濃くなったり、赤みが出てしまうことがあります。
ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌に直接お薬(乳酸やグリコール酸など)を塗って、古くなった角質を剥がし、肌のターンオーバーを正常化させてシミを薄くするスキンケアです。メラニンの生成予防効果に優れているのがケミカルピーリングの特徴です。

治療時間:90分 (イオン導入等含む)
施術後:特に何もせず無処置で終了します。メイクをしてご帰宅して頂けます。
注意点:施術に痛み等はございません。ケミカルピーリングの施術後はメイクをしてご帰宅していただけます。肌のくすみにも効果的で非常に満足度の高いスキンケアです。ただし、肌質によっては乾燥傾向になる場合がございます。しっかりと保湿ケアをすることで予防できます。

ホクロを取る方法

ホクロはレーザーで簡単に取ることができます。
ホクロの数が増えてきた。前より少し広がってきた。ホクロの悩みを抱えている方は美容皮膚科にご相談ください。ホクロはシミと違ってメイクで隠すことは難しい。だったら思い切って取り除いてしまうことをお勧めします。ホクロは基本的にはレーザーで簡単に取り除くことができます。

ホクロとは

ホクロは色素性母斑、母斑細胞性母斑と呼ばれ、メラノサイトが限局して集まってできた母斑の一種です。基本的には良性のものですが、稀に悪性のものがあります。
大量のメラニンが作られるため、茶色から黒色までの色を呈していますし、平らなものから盛り上がりのある隆起したホクロまで大きさや形もさまざまです。

ホクロを取る方法

ホクロを取る方法には、レーザーで除去する方法と、切開して除去する方法の2通りの方法があります。大きさ、場所によって治療法は違いますが、ほとんどの例ではレーザーによる除去を行なっています。

レーザー治療

ホクロのレーザー治療は炭酸ガスレーザーを用いて除去します。ただし、ホクロの状態よってはQスイッチレーザーを併用しより肌へのダメージを抑える治療を行なっています。
私たちのレーザー治療は、肌への負担を最小限に抑え、再発のリスクも抑えた治療であなたの肌を美しくする治療を実践しています。

治療時間:数分で除去できる
施術後:肌を保護するために肌色のテープを照射部分に貼ります。
注意点:シミや色素沈着を引き起こさないようしっかりとした紫外線対策が必要です。深い層まで浸潤しているホクロは数回に分けて除去する必要があります。