イボ
原因
イボの原因はウィルス感染のものと加齢が原因のものがあります。ウィルス感染によるイボは尋常性疣贅と言われ、ヒトパピローマウィルスが傷に入り込んで細胞に感染することで発症します。ヒトパピローマウィルスは尋常性疣贅に感染している人と接触することで感染します。
加齢が原因の場合、新陳代謝の低下などでメラニンが排泄されず蓄積され、シミが紫外線などの影響で変化してイボになります。

治療法
ウィルス性のイボの治療法は、液体窒素療法、レーザー治療、内服療法などを行います。その中でも液体窒素療法が多く、-196°の液体窒素でウィルスに感染している細胞を凍結さっせ皮膚表面の異常組織を壊死させます。凍結・融解を繰り返すことで、イボのウィルスを表皮の細胞ごと破壊させますので、数回の治療が必要になります。
加齢によるイボの治療法は、液体窒素療法、レーザー治療があります。