キレイになるにはスピードも大切
濃くなったシミを狙い撃ち!!
濃くなるシミの原因は、肌の奥に潜むメラニン。レーザーで狙いを定めメラニンを確実に仕留めることでシミは必ず解消させることができます。美白剤や化粧品で少しずつ薄くすることもできますが、手早く早急に解消したい場合にはレーザーで一気にシミを撃退するスピード感も必要なのでは。

シミ取りレーザーとは
主なシミはQスイッチヤグレーザー(Q-YAG)を用いて治療します。
当院の美容皮膚科で使用しているシミ取りレーザーはQ-YAGレーザー(532nm、1064nmの2つの波長を切り替えることができる医療用のレーザー)です。
黒色・青色・茶色などの色素をもった細胞にレーザー光を照射し、シミ部分の色素を選択的に取り除く極めて安全性の高い治療で、シミ以外にもカーボンを用いた毛穴の治療(カーボンレーザー)や、タトゥー(刺青)やアートメイクなどの人工的な色素の除去にも効果がある多目的レーザーです。

■波長532nm
532nmの可視領域(緑色)のレーザー光は、メラニンや赤系インクに吸収されやすい特性があり、メラニンによる色素性病変部や赤系のインクの除去に適しています。
■波長1064nm
1064nmの近赤外域のレーザー光は、暗色(黒/青)色素性病変部の除去や黒系のインクの除去に適しています。

シミ取りレーザーとは、

アレキサンドライトイレーザー(Qスイッチレーザー、ロングパルスレーザーの2種類)を用いた治療法です。加齢や日光によりできた色素斑や生来あるソバカス等の治療が可能です。
眼瞼周囲やまつ毛の際などのレーザー照射も可能です。眼球を保護する特殊なコンタクトカバーを装着して治療します。
年間1千例を越えるレーザー治療の経験豊富な院長が対応しますので満足度の高い治療効果が得られています。

Qスイッチ・YAG(ヤグレーザー)
Q-YAGレーザーは肌へのダメージを最小限に抑えながら、シミなどメラニンの蓄積している部分の色素に強く反応し、速やかにメラニンを分解する医療用レーザーです。気になるシミに対し、スポットで照射しますので周囲の皮膚への負担を一切起こすことがありません。
(レーザー照射のイメージイラスト)
このように皮膚に蓄積したメラニンは一気に解消させることができるのです。

治療時間:1、2分

Q-YAGレーザーで治療できる肌の悩み
 シミ(老人性色素斑、色素沈着)  ADM(真皮メラノサイトーシス)
 母斑       アートメイクの除去・修正     タトゥーの除去 など

治療の流れ
診察
麻酔
レーザー照射
テーピング
スキンケア

料金案内
レーザー治療は大きさ(範囲)で変動します。大きさに対する価格は以下の価格表をご参照ください。細かなシミで治療箇所が多い場合は割引等もございます。お気軽にご相談下さい。
また、当院は再診料(※1)、薬剤費用等も全て含んだ料金設定ですので追加で発生することはありませんのでご安心下さい。

(※1 初診料のみ3,240円が発生します。)

痛みに対して
ゴムで強く弾かれた感じというのが、表現としては正しいと思います。もちろん、弾かれるわけですから強い痛みとして感じる方もお見えになれば、強い痛みとして感じない方もお見えになります。そのため当院では麻酔クリームやテープを使い、痛みを緩和してからレーザー治療を行います。もちろん、それでも痛みに対し不安な方は、レーザー照射部分に局所麻酔を施すこともできます。ですので痛みに対し不安を抱く必要は一切ございません。麻酔については遠慮なくご相談下さい。

Q-YAGレーザーの経過

スイッチ・ヤグレーザーは肌へのダメージを最小限に抑えながら、メラニンや特定の色素に直接作用し、シミやタトゥー(入れ墨)を速やかに分解して取り除くことができる特別なレーザーです。
ヤグレーザーはメラニン、黒い色、濃い青系の色素に反応する性質があります。その性質を利用して、顔のシミやアザ、タトゥー(入れ墨)、アートメイクなどに直接照射して、色素ごと分解して肌から消失させることができるのです。またQスイッチヤグレーザーはメラニンの無い素肌への刺激は少ないため、シミ以外の健康な肌への負担はほとんどありません。

— TREATMENT FLOW  Qスイッチ・ヤグレーザー治療の流れ

Qスイッチ・ヤグレーザーを受けていただく際の治療の流れについてご紹介します。

1.診察・カウンセリング 30分程度
診察で専門医が線維芽細胞移植術の治療方法、効果、リスク等を詳しくご説明します。

2.レーザー照射 10分程度
線維芽細胞移植術は感染症や貧血状態の有無など細かな検査が必要です。また、ご希望する麻酔方法によってはレントゲンや心電図などの検査が必要となります。

3.照射部位の保護 60分程度
耳の裏側から数ミリの皮膚を切除します。同時に血液も採取します。採取する血液の量は細胞培養の量に応じて変動します。皮膚片の採取は数分で終了しますが、血液採取に関しては時間をかけてゆっくりと採取いたします。

4.診察・アフターケア
採取後は少し安静にしていただいてからご帰宅していただけます。この時点で既に細胞培養を開始しています。

— Qスイッチ・ヤグレーザーの料金

Qスイッチ・ヤグレーザーの料金はこちらをご参照ください。 (料金表へのリンク)

Qスイッチ・ヤグレーザーのリスクと問題点