アテローム(粉瘤)  atheroma

アテローム(粉瘤)とは皮膚の中に袋状の構造物ができてしまい、角質や皮脂などが溜まってしまう”おでき”のことを言います。よく脂肪の塊や脂肪種と勘違いされる方が多いのですが、あくまで皮膚の汚れが溜まって大きくなる腫瘍の総称で、細胞などが増えてできる良性腫瘍などの脂肪種とは症状は似ていますが、構造などは全く違います。時間の経過で徐々に大きくなるためきちんとした治療が必要です。セルフケアでニキビのようなおできと勘違いして自分で潰して内容物を排出させる方も少なくありませんが、必ず再発しますし、数センチまで大きくなることもあるので専門医による正しい治療が必要です。

アテローム(粉瘤)の原因

粉瘤(アテローム)の原因はいまだ明らかになっていません。一般的な原因として考えられているのは下記の通りです。

  • 皮膚への刺激のよる皮脂腺の異常
  • ストレスによる免疫力の低下
  • 外傷などによって定着する
  • ニキビ跡やピアスの跡に発症

アテローム(粉瘤)のできやすい場所

身体のどこにでもできますが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすい傾向があります。やや盛り上がった数mmから数cmの半球状のしこり(腫瘍)で、しばしば中央に黒点状の開口部があり、強く圧迫すると、臭くてドロドロしたネリ状の物質が出てくることがあります。

アテローム(粉瘤)ができると

初期症状

アテロームの初期というのは感染性の炎症などを伴うことはありません。色も肌色で皮膚の中におできやしこりとして異物を感じます。数年単位で徐々に大きくなります。急激に大きくなることはありません。放置しても治ることはありませんので治療が必要です。しこり=皮膚癌と不安になって通院が遅くなったという方が非常に多いのですが、アテロームは癌化することもありませんし、初期の治療のほうが絶対に傷も最小限で済むため早期の診察をお勧めします。

長期症状・感染症状

数センチまで成長することもあります。当院でも10センチを超える方もおみえになります。大きくなればなるほど、手術の傷も大きくなりますので、気がついた場合は早期の診察・治療がベストです。ただの脂肪種だと放置しすぎることで、数センチ、十数センチの大きさになることがあります。当然のことですが、小さい粉瘤(アテローム)のほうが傷が小さく済みます。粉瘤の真ん中には小さな穴があり、そこから感染するとしこり部分に赤みが出て痛みを伴います。早急の治療が必要です。

主な治療法

アテローム(粉瘤)の治療は外科的に取り除く以外に方法はありません。感染症などを起こしている場合は内服などを処方する場合もありますが、内服で治るものではありません。根本的に切除して治療する必要があります。手術は怖いという方が非常に多いのですが、手術は麻酔もしますし著しい痛みはありません。術後についても痛みが持続することはありませんし、処方する内服を飲んでいただければ必ず落ち着きます。

(切開・切除法による治療)

アテローム切除術

  1. アテローム(粉瘤)の大きさに合わせて皮膚を切開します。
  2. アテロームとなっている袋の部分を破らないように丁寧に取りだします。
  3. 傷を縫合して終了です。

傷について

傷については形成外科ですので目立たないよう最小限の切開で取り出す技術を持っています。術後のテーピングなどの指導もしていますのでご安心下さい。小さいものであればくりぬき法でおこなっている医療機関もあるようですが、結果的には切除による治療の方がかえって傷は目立たないことが多いです。

治療費について

アテローム(粉瘤)の治療費用ですが、健康保険が適応されます。手術費用としては概ね8千円前後とお考えください。ただし、大きさによって変動することもありますが、多くの場合は上記の価格で治療を受けていただけます。
粉瘤の手術入院も必要ありませんので日帰りで受けていただけます。ただし、術後の抜糸がありますので通院は必要です。