脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は脂漏性疣贅(しろうせいゆうぜい)とも呼ばれています。周囲の皮膚と同じ色や茶色、黒色などのできもので、皮膚のどこにでも生じるのが特徴です。30歳代から出現することもありますが、多くの場合、40歳以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつです。
主な好発部位は顔面、頭部、前胸部、背部。しかし、基本的には全身どこにでも発生します。脂漏性角化症の形は丸か楕円形で、大きさはさまざまで、数mmのものから数cmになるものまであります。シミとは少し違い、皮膚にぴったりと貼りついたように見え、表面はすべすべしているものや、乾いてざらついているものもあります。角化症部分が濃い茶色をしていた場合、異型性ほくろや悪性黒色腫と間違われることがあり専門医による診察が大切です。脂漏性角化症は放置しておいても自然に無くなることは絶対にありません。美容皮膚科での治療が必要です。
しかし、脂漏性角化症は病気ではありません。特に気にならなければ治療する必要はありません。あくまで美容的な目的の治療です。美しい素肌には非常に厄介ですので、美容目的で取り除く方が非常に多いです。

【脂漏性角化症の原因】
遺伝的要因や日光による露出部の皮膚の老化が、誘因と考えられています。基本的には老化によって誰でも生じるものです。脂漏性角化症は見た目に美しいものではありませんので、広がって大きくなる前に早期に美容皮膚科で治療することをお勧めします。

【主な治療法】
脂漏性角化症の治療は炭酸ガスレーザーを使って取り除く方法でおこないます。一般的には液体窒素を用いた冷凍療法、外科的に切開する方法、電気メスを用いて治療する電気分解法などがあります。当院では皮膚の炎症を抑えるためにも炭酸ガスレーザーで取り除きます。レーザー照射後は一時的な赤みを併発する場合もありますので、当院ではレーザー照射前にケミカルピーリングなどで肌を強くする治療を推奨しています。もちろん治療期間に余裕がない場合はレーザーによる治療を第一選択といたします。

炭酸ガスレーザーによる治療

脂漏性角化症の部分に炭酸ガスレーザーを照射し、凝固させながら取り除きます。治療時間は1個当り数分程度で終了します。レーザー治療には麻酔を行いますのでレーザー照射中に痛みを感じることはありません。当院は美容皮膚科ですので傷を目立たせない安全な治療を提供しています。
治療の流れ

【費用について】

Co2レーザー 料金
3㎜以下 5,400円
3㎜以上は 1㎜あたり 2,160円の加算